コーチングの形 W+V+GROW+M+FB

W+V+GROW+M+FB

形を徹底的に繰り返して身に着ける(体得)ことで、無意識に形が発動するので意識を相手の観察に集中できるし、形から外れたら外れたことが分かるので、そのまま行くか戻るかの選択肢を提示することも出来る。

★形をホワイトボードなどに書いて共有して進めるのも有り。(同様にコーチが進行を安心して進められる効果と観察に集中できる効果、更にはクライアントにも流れを共有して相互リードできる効果もある。)

W:why この事はいつから?あなたにとってどれくらい重要?どんな意味がある?

V :VISION その事がうまくいったら、その先にはどんないいことある?その時周りからなんて言われてる?周りにはどんないいことある?

G:ゴール いつまでに・何が出来ていたらいい?

R:現状・リソース 理想を100とすると今は何?うまく行ってる事は?他には?うまく行ってるとはいえないこと(課題)は?他には?

O:オプションズ どれが大事?どうして?それについて今日は何がどうなったら嬉しくて価値がある?    いま考えてるアイデアは?他には?

W:WILL(6W2H) いつ、だれが、だれと、どこで、なにを、どんな理由で、どうやってやる?それはいくらかかる?ホントにやる?(will)

M:ここまで話してどう?今どんな気分?学びや気付きは?他には?それをどうこれから活かしていく?

今日の目標についてはどう?新たな課題は?次までに何をやる?

FB:フィードバック あなたはあなたが思ってる以上に○○だと思います。(強みを伝える。)

なぜならば、○○や○○などの事実(実績)があり、私も○○と思うからです。そのことはこの先○○や○○にも活かせるし、誰々の役に立つんじゃないかとも思います!いかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました